HOME > 知らなかった!ガリバーの豆知識 > お人形のお顔について

雛人形
公開日:2021.11.16 | 最終更新日:2021.11.16

お人形のお顔について

こんにちは。
本日も当店のコラムをお読みいただきありがとうございます。
さて、皆さんはこんなセリフを聞いたことはありませんか??「お人形は顔が命」
たぶん一度は耳にした事があるんじゃないでしょうか?「人は見た目じゃない!」と言われますが、人形は見た目が重要視されるので、お人形の顔にこだわるお客様は多くいらっしゃいます。同時に、お顔で雛人形の値段が変わると考えるお客様が多くいらっしゃいます。確かにお顔で値段が変わることもありますが、それはゴクゴクわずかであり殆どがの場合はお顔で雛人形の値段が変わることはありません。

 

高いお顔と、そうでないお顔は何が違うのかというと、そもそも作り方が違うのです。簡単に言うと【江戸時代からの技法で作られた顔=高い】という事になります。江戸時代の技法では桐の木のオガクズを顔の形に固めて作っていきます。一方、その他の作り方としては石膏を顔の形に固めて作っていきます。前者のオガクズの場合ですと、量産ができません。後者の石膏の場合は比較的量産が可能です。ただ、結局は手作りなので量産といっても作られる数には限りがあります。高い顔も、そうでない顔も見た目だけでどちらが高いか、そうでないかは違いがわかりません。

また、高いから良いお顔というわけではなく、あくまでお顔に関しては良い悪いではなくお客様のお好みとなりますのでご了承下さい。

是非、色んな雛人形を見てお好きなお顔をみて、お好きなお雛様と出会ってくださいね。

お人形に関するご相談はこちらからどうぞ

お問い合わせはこちら