HOME > 知らなかった!ガリバーの豆知識 > のぼりと鯉のぼりは違うんですか?

公開日:2021.11.12 | 最終更新日:2021.11.16

のぼりと鯉のぼりは違うんですか?

こんにちは。本日も当店のコラムを読んでいただきありがとうございます。
よく店頭に来られたお客様で「向こうの両親から【のぼり】を用意して欲しいと言われたので見に来ました」と言って鯉のぼりを見ている方がいますが

大抵の場合、ちょっとだけ間違っている場合があります。というのも【のぼり】は【鯉のぼり】とは違うからです。という事で、本日は【のぼり】と呼ばれるものについてお話しさせていただきます。
まず、こちらが【のぼり】と言うものになります。

本来は武者幟(むしゃのぼり)や武者絵幟(むしゃえのぼり)と呼ばれるものです。略して幟(のほまり)と呼ばれる事が殆どです。
黒で書かれた家紋が嫁ぎ先の家紋、赤で書かれた家紋が実家の家紋となります。近年は実家の家紋は書かず、嫁ぎ先の家紋と初節句を迎えるお子様のお名前を書く方が増えています。地域によって様々ですが一般的には幟はご実家のご両親が準備して、鯉のぼりは嫁ぎ先のご両親が準備すると言われています。

ただし、近年はお祝いの方法も多様化してきてますので、まずはお祝いについて「どのようにお祝いをするか」とご両家で話し合われるのがよろしいかと思われます。

お人形に関するご相談はこちらからどうぞ

お問い合わせはこちら